2018年9月21日 (金)

「位相差顕微鏡」

【位相差顕微鏡とは?】

位相差顕微鏡とは、鮮明画像で生きたままの口腔内の細菌を、患者さん自身が観察できるものです。
生きたままの口腔内細菌観察をはじめ、明視野観察・赤血球観察に適した暗視野観察が行えるので、患者さんは鮮明な画像を見ながらしっかりとした説明を受けることが出来、ご自身の口腔内の細菌の事実を様々な角度から知ることが出来ます。
口腔内には数百種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです。
歯周病の原因となる細菌は口腔常在菌といって健康な状態であっても存在する細菌なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできませんが、数を減らすことにより歯周病の活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

【歯周病菌の検査方法】
①歯周ポケットからプラーク(歯垢)を採取します。
②プラーク(歯垢)をプレパラート(透明のガラス板)の上に置きます。
③位相差顕微鏡に設置します。
④位相差顕微鏡に接続したモニターで細菌を観察します。

【なぜ感染したのか?】

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、歯周病菌は存在しません。もともといない歯周病菌が、なぜ口の中にいるのでしょうか? それは、他の人からうつされたからなのです。
子どもの場合は、両親・家族からの感染がほとんどです。
ただし、子どもの場合、歯周病菌があっても大人になるまでに発症・進行することは稀です。大人の場合は発症・進行する可能性がありますので、早めに検査を受けることをおすすめします。

【歯周病とは?】

【歯周病菌】

【予防について】

カンジダ菌(カビ菌)は口腔内常在菌のため、必ず口の中に住み着いている菌です。徹底的に除去したとしても、空気中や食べ物、手の指などから再び口の中に戻ってきます。残念ながら全滅させることはできません。

予防のためには、毎日の歯磨きと、歯科医院での定期的なPMTC(プロフェッショナルクリーニング)が大切です。カンジダ菌が多くなりすぎると、歯ぐきが腫れるなど悪い症状が出てきます。また、カンジダ菌は大きな菌であるため歯周病菌の快適な住み家にもなり、歯周病菌に再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか顕微鏡で確認し、PMTCを受けましょう。

2018年9月 5日 (水)

今回はおすすめの歯ブラシについてです。

みなさんは自分に合った歯ブラシを使っていますか?歯は毎日磨くけど、歯ブラシにはなかなか気をつかっていないという人が多いのではないでしょうか?ですが、実は歯ブラシってこだわれば、こだわるほど奥深い世界なんです。

歯ブラシを選ぶ際に大切なことは「歯垢をよく落とすことができて、歯肉を傷つけない」ことです。歯垢をしっかり落とすことで、虫歯や歯周病の原因となる菌を除去することができます。歯肉が傷ついてしまうと、細菌に感染しやすくなります。感染した結果、歯肉が炎症を起こし、歯ブラシした時の出血の原因にもなります。

✳︎歯ブラシの主な使用目的は、
①食物残渣の除去
②プラークの除去
③歯肉のマッサージ
④口腔粘膜の清掃
⑤舌の清掃
⑥口腔機能のリハビリテーション

✳︎一般に望ましい歯ブラシとしては、以下の条件を備えたものが考えられます。
①ヘッドは複雑な口腔内の形態に適応できるやや小さめで薄いもの
②シャンクは細長くて奥歯まで届きやすいもの
③持つところが手にフィットして握りやすいもの
④実施するブラッシング方法に形態や毛の硬さなどが適応しているもの
⑤使用者が使いやすいと感じるもの

✳︎歯ブラシは基本的に小さいサイズで、やわらかめを選びましょう!

メガネや靴と一緒でまずは自分に合っていることが重要です。1-2歯分のヘッドのサイズが標準です。大きすぎると毛先が届かない部分が増えてしまって、磨き残しが増えてしまいます。また、ごしごし磨いてる場合には毛先が硬すぎる場合があります。しらないうちに歯肉が傷ついてしまっている場合があります。歯ブラシは小さめサイズで、硬さははじめは普通かやわらかめを選びましょう。 もしそれで痛い、磨き足りない、などがあれば交換時に違う硬さの種類を選びます。

✳︎使用する目的が歯ブラシの特徴と合っていること

歯ブラシには「虫歯予防」「歯周病予防」「知覚過敏用」など得意分野があって、歯ブラシのパッケージに書いてある場合があります。ステインや著色を落としたいのか、歯のすきまや重なっているところを磨きたいのか、歯周病をケアしたいのか、などの目的と歯ブラシがあっているのか、歯ブラシの製品表示をよく読んで合ったものを選びましょう。

いくつかおすすめの歯ブラシを紹介していきます。

まずはじめに紹介するのは、クラプロックスです。
7.600本の高密度/超極細毛が隙間なく、歯垢をしっかり除去します。一般的な歯ブラシは植毛本数が500~800本程度です。クラプロックスのCSシリーズは、一般的な歯ブラシの最大10倍の高密度植毛。自然に把持すれば、歯と歯肉の境目も、しっかりと毛先が当たるように作られているので、効果的に歯垢を、取り除けます。

更に、クラプロックスの、歯間ブラシを使用していただくと細かい歯垢まで除去することが出来ます。
一般的な歯間ブラシは毛が短いのと、歯間を満たすことができず、歯垢の取り残しが起きてしまいます。クラプロックスはブラシ毛が歯間部内の凹凸を満たすのでわずか1ストロークで清掃することができます。

次に紹介するのは、『G・U・M』で有名なサンスターから販売されている、バトラーというブランドの「コンプリート#025」です。この商品はなによりヘッドが薄いことが特徴です。
業界初の超薄型2.5㎜のヘッドのため、通常の歯ブラシと比べると狭い奥歯にも入れやすく、磨きやすいです。なので、口を大きく開けるのが辛い人や顎関節症の人におすすめです。
グリップ部分は柔らかく太めなので、弱いブラシ圧で磨くことができ、歯や歯肉を傷つけることなく磨くことができます。

最後に紹介するのは、ルシェロです。
ルシェロB-10は健康な歯肉〜歯周炎の方におすすめです。プラークの効率的な除去を目的としたベーシックタイプで、刷掃効果の高いラウンド毛を段差植毛(ラウンド毛+ラウンド毛)してあります。歯肉が健康な方から歯肉炎に移行しかけている方までご使用いただけ、日常的なカリエス・歯周病の予防に適しています。

ルシェロB-20は10代・女性の方におすすめです。顎が小さく、さらに萌出期の永久歯が磨きにくい10代の方、成人男性に比べて顎や手が小さい成人女性の方のカリエス予防に最適なタイプです。4列植毛による磨きやすさと、コンパクトなヘッド&ハンドルによる磨きやすさ、持ちやすさをあわせもっています。Sは萌出直後など痛みが強い場合に適しています。

どんなに頑張って歯ブラシでしっかり磨いても、口内全体の60%の汚れしか落ちていません。残りの40%は、歯科医院の歯のクリーニングか、自宅で簡単にできる歯間ブラシやフロスで落とすことができます。歯医者さんにはずっと通うわけにはいかないので、自宅で簡単にケアできるフロスを使うことをおすすめします。

健康な歯を保つためにも歯科医院での定期的な歯のクリーニングを受けましょう。

2018年8月26日 (日)

予防処置について

皆さんは虫歯がどのようにしてなるのか、フッ素がどのような働きをするのか知っていますか?今回は虫歯とフッ素についてのお話です。
私たちのお口の中には様々な菌が住んでいます。その中に、虫歯を作る菌もいます。この虫歯菌は、私たちが食べたり飲んだりする糖を餌として生きています。そして虫歯菌が糖を餌としてとった結果、酸というものを出してきます。この酸によって菌は溶かされて穴があき虫歯になるのです。
またこの酸は、私たちが口にするものの中にも多く含まれています。特に酸を多く含んでいるものは、果物(レモン、オレンジなど)や甘いジュース(コーラ)などです。これらの食べ物や飲み物の強い酸により、直接歯は溶かされていきます。つまり虫歯は、酸によって硬い歯が溶かされていくことで起こってくるのです。
フッ素は、このような酸に溶けにくい硬い丈夫な歯をつくる働きがあります。フッ素を歯医者さんで塗ったり、フッ素入りの歯磨き粉を使うことで、今までより硬い丈夫な歯にすることができます。また、一度酸によって、溶かされた歯を修復して硬い歯に戻してくれる、再石灰化という働きもあります。このほかにも、フッ素は虫歯菌が酸を作らないようにする働きもあるのです。
このように、フッ素は歯を硬く丈夫にし、虫歯菌から歯を守ってくれる働きがあるのです。フッ素の入った歯磨き粉などを積極的に使用し、しっかりと歯磨きを行い虫歯にならないようにしていきましょう。
フッ素の3つの作用
①再石灰化の促進
歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。
②歯質強化
歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。
③細菌の酸産生抑制
歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。
フッ素の利用方法
①フッ素配合歯みがき剤
歯みがきのたびに使用すると、みがいている間の効果に加え、歯みがきをした後で、口の中の歯や粘膜に残ったフッ素が少しずつ唾液にまざり効果を発揮し続けます。
むし歯予防の効果を高めるには、長い時間フッ素が口の中にとどまっていることが大切です。歯みがき剤の使用量やみがき終わった後のうがいの方法にも気をつけましょう。
1.歯みがき剤の量は成人の場合1~2cm(約1g)程度にする
2.歯みがき後のうがいは1回程度にする(5~15mlの水で5秒程度行う)
②フッ素塗布
歯科医院などでフッ素を歯に直接塗る方法です。3、4ヶ月に一回が目安です。
生えたての歯は歯の質が弱い(未完成)ので、特に効果的です。
③フッ素洗口
4歳以上からフッ素洗口液でブクブクうがいをする方法です。
1日1回または1週間に1回の利用法があります。
家庭や幼稚園・保育園では1日1回、小・中学校では1週間に1回がすすめられています。

シーラントについて
シーラント処置という言葉を、始めて耳にされる方もいらっしゃるかもしれません。
これは奥歯の噛み合わせの面の溝や歯の側面の溝をプラスチックで埋めて歯垢が溜まりにくくし虫歯予防をする方法です。

2018年8月 3日 (金)

今回は歯磨き粉のご紹介です。

ブリリアントモア☆「ピロリン酸ナトリウム」がイオンの力で歯の表面からステインを浮き上がらせ、ブラッシング+ハミガキの働きでステインをすっきり落とします。フレッシュスペアミントとアプリコットミントの2つの香味。

オススメポイント☆浮かせて落とす新しい美白メカニズムでステインをすっきり落とします。
お好みやシーンに合わせて選べる2つの香味。
ステインの変化は自覚しやすいため、ブラッシングへのモチベーションアップが期待できます。
ステイン除去だけでなくPMTC後のステイン付着予防にもおすすめします。

チェックアップスタンダード☆フッ素滞留性を高めた独自の新処方。フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペーストで歯や歯肉にやさしい低研磨性。また、泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすげます。

オススメポイント☆う蝕予防ハミガキの定番。
フッ素の効果を引き出す長時間ブラッシング、少量洗口に適しています。

システマデンタルペーストアルファ☆バイオフィルムに浸透・殺菌するIPMP(イソプロピルメチルフェノール)を配合したペーストタイプの歯周病予防ハミガキ。IPMPの浸透を促進するPEG(ポリエチレングリコール)4000、口臭を予防するLSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)も配合されてます。

オススメポイント☆長時間ブラッシングに適した低発泡・低香味でしっかりプラークコントロール。
歯周病や口臭が気になる方の毎日のセルフケアにオススメです。

システマセンシティブ☆痛みの伝達を抑える硝酸カリウムと象牙細管を封鎖する乳酸アルミニウム配合で知覚過敏の痛みを防ぎます。素早く口腔内に広がり細部ケアと長時間ブラッシングに適したソフトペーストタイプです。

オススメポイント☆
知覚過敏の症状をダブルブロックして、ブラッシング時だけでなく、飲食時の痛みまでケア。
低研磨・低発泡のやさしい使い心地のソフトペーストが細部のプラークコントロールをしっかりサポート。

チェックアップジェル☆う蝕ハイリスクのケアに、いつもの歯みがきに加えて使用するフッ化物配合ジェル

フッ素滞留性を高めた独自の新処方。フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトジェルで研磨剤無配合。

オススメポイント☆歯の萌出期、矯正治療中、歯根面露出などハイリスクの方の重点ケアに。
ライフステージに合わせた人気の香味で無理なくリスクケア。
*6歳以下はバナナ味
6歳からピーチ味、ぶどう味が最適です

みなさんも自分に合った歯磨き粉を使いましょう。ご相談はスタッフまで!

2018年7月22日 (日)

乳歯から永久歯への生え変わり時期

乳歯が生え揃ったと思ったらグラグラしてきていつの間にか永久歯へ、、、どんどん成長する姿に喜びを感じますね。
でも「まわりのお友達は何本か抜けて大人の歯が生え始めているのに我が子は一本も抜けてない、、、」と心配になってしまうこともありますよね。
〈乳歯の抜ける大まかな時期〉
下の前歯から始まり、上の前歯、奥歯の順番に生え変わって行きます。

・6歳     下の前歯が生え変わる。
・7歳~8歳  上の前歯が生え変わる。
・8歳~9歳  前から奥へ順番に歯が生え変わる。
・10歳~11歳  奥歯が乳歯から永久歯へと生え変わる。
・12歳~14歳  乳歯にはなかった奥歯が生えて、大人と同じ本数になる。

〈乳歯にはなかった歯も生えてくる〉

乳歯は20本、永久歯は28本生えてきます。6歳臼歯よりも奥に生えてくる臼歯が、最初から永久歯です。乳歯にはなかった歯は、12歳ごろから生えてくることが多く、生えたばかりの頃は虫歯になりやすいため、より丁寧にケアしなければいけません。

〈乳歯が抜けてないのに永久歯が!〉

下の前歯によくみられるパターンですが、乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてくることもあります。
乳歯がもう抜けそうであれば様子を見ますが、まだしっかり生えている場合は、歯科医に相談することをおすすめします。

背の伸び方や、体重の増加、運動能力、言葉の発育などに個人差があるように、歯の生え替わりも、お子さんによって差が見られます。
歯の生え替わりが始まる平均的な年齢は6歳ですが、4~8歳くらい(前後2年くらいの差)での生え替わりは、個人差の範囲内です。
特別、「早すぎる」「遅すぎる」と、心配することはありません。

〈生え変わり時期の時期は虫歯に注意!
歯磨きがしにくいため、しっかりチェックを!〉
歯の生え変わりの時期は、乳歯と永久歯が混ざっているため歯が磨きにくく、虫歯や歯周病のリスクも高まります。さらに、生え変わったばかりの永久歯は酸に弱く、虫歯になりやすいという特徴があります。歯磨きをお子さんだけに任せるのではなく、親御さんが仕上げ磨きをするなどお口の中の状態をチェックしてあげましょう。

〈抜けた歯はどうするの?〉
ご存知の方も多くいるかと思いますが、日本の昔からの言い伝えで、上の抜けた乳歯を縁の下へ、下の乳歯は屋根の上に投げるという習慣があります。
歯を投げる理由は後に生えてくる永久歯がしっかりまっすぐ生えてくるようにとの願いが込められているようです。
また、投げるときに丈夫な歯が生えてきますようにと願いを込めてなげるところもあるようです。
乳歯は赤ちゃんの時から子供と一緒に成長してきた大切なパートナーです。
赤ちゃんのころの足形や手形を作るのと同じように、ケースで保存して思い出にするのも良いですよね。
時代の流れにより抜けた歯を投げるのではなくケースに入れて保管するという人も多くなってきています。
乳歯を保存するケースを“トゥースケース”といいます。最近では歯医者さんだけでなく、おしゃれな雑貨屋さんなどでも販売されているのを目にします。また、キャラクターの描かれているものなども販売されています。

2018年6月27日 (水)

《学校歯科健診について》

歯科健診の結果をお子さんが持ってくる時期ですね。学校歯科健診は毎年6月30日までに行われるよう決められています。
学校歯科健診では、歯、歯ぐき、歯垢の付着、顎関節・歯並び・噛み合わせについて、それぞれ次の3段階に判定されます。

①異常なし
これからも食生活や口腔清掃に気をつけて健康な状態を保ちましょう
②定期的な観察が必要
歯磨き、食生活に十分な注意が必要。継続的な指導、管理を受けましょう
③歯科医師による診断が必要
早めに歯科医院で精密検査、治療を受けましょう。受診結果を学校に提出します。

この結果のお知らせは、歯科医院の受診が必要かどうかだけではなく、注意が必要な状態があれば知ることができるため、「予防」に役立てていけます。


【歯の場合】

⚫︎CO(要観察歯)→定期的な観察が必要
明らかなむし歯は確認できませんが、むし歯の初期の状態が疑われる白濁(白く濁った色)や褐色(やや黒みを帯びた茶色)になっている部分が認められ、このままではむし歯に進行すると考えられる歯です。これは、「初期むし歯」とも呼ばれます。適切なケアや生活習慣により、もとの健康な状態に戻る可能性があります。

⚫︎C(要治療歯)→歯科医師による診断が必要
むし歯により、歯に穴があいている状態です。詰め物や被せ物のまわりにできるむし歯、詰め物が取れている歯、治療途中の歯も含みます。

⚫︎CO要相談→歯科医師による診断が必要
「CO」の中でも、「歯と歯の間や詰め物の下の着色の変化」、「COが多数見られる場合」などは、歯科医院での専門的な管理が必要であるため、検査をすすめられます。

⚫︎要注意乳歯→歯科医師による診断が必要
抜くか抜かないかを慎重に検討すべき乳歯です。歯並びに影響することもあるので歯科医院で相談しましょう。


【歯肉(歯茎)の場合】

⚫︎GO(歯周疾患要観察)→定期的な観察が必要
歯ぐきに軽度の「歯肉炎」がおきていますが、歯石は付いていない状態です。適切なケアや生活習慣により、健康な歯ぐきに改善できます。

⚫︎G(歯周疾患要処置)→歯科医師による診断が必要
歯ぐきに「歯肉炎」がおきており、歯石が付いている状態、あるいは「歯周炎」(歯を支える組織まで炎症が進んだ状態)が疑われます。歯科医院で検査や治療を受けましょう。


【歯並び、噛み合わせの場合】

⚫︎定期的な観察が必要
現在、歯並びや噛み合わせに問題は見られますが、顎の成長により問題がなくなる可能性もあります。

⚫︎歯科医師による診断が必要
歯並びや噛み合わせの問題が、歯と歯ぐきの健康や咀嚼機能に影響をおよぼすなど、健康面での問題を引き起こす原因となるため、医師による診断が必要。☆矯正歯科専門の医師による診断を受けることをすすめる。


結果に「歯科医師による診断が必要」と書いてある場合、「歯科医院でまた検査をするの?」と思われるかもしれません。学校歯科健診は、子どもが学校生活を送る上で支障があるかどうかの「スクリーニング」つまり、ふるいわけなので「確定的な診断」ではありません。歯科医院では、レントゲンなどの精密な検査をすることで「診断」ができます。

「歯科医師による診断が必要」とある場合は、すぐに歯科医院で検査を受け、必要な処置を受けましょう。また「異常なし」、「定期的な観察が必要」であっても、歯科医院に行かなくてよいということではありません。定期的に歯科医院での歯科健診を受け、ブラッシング指導やフッ素塗布なども受けましょう。

2018年6月24日 (日)

6月17日は、父の日でしたね😀
父への贈り物、何しよう…🙄
毎年父の日と誕生日、もうネタがない😱
一番喜んでくれそうな、父の大好物のお赤飯を作って、実家に行ってきました☺️
美味しいと言って食べてくれました✨
今年の父の誕生日もお赤飯を作ってお祝いしよう🎉
いつでも元気で長生きして欲しいものです😊
高橋

2018年5月31日 (木)

こんにちは\( 'ω')/
先日友人と新大久保に行ってきました🤗
たくさん食べるぞー!!と意気込んで行ったのに全く食べられず、、、😭
一品の量が多すぎて、夜ご飯も食べられないぐらいお腹一杯になってしまいました💦笑
連休中に3キロも体重が増えてしまったので、たくさん動いて元に戻るよう頑張ります❤️


高田★

飛行機

こんばんは。
飛行機好きの笠井です。
4月上旬の話になりますが、飛行機と桜が見たくて、成田空港付近にお花見に行きました✈️この時期は1番混むのですが、今回はより近くで見える新しいポイントを発見‼︎めちゃめちゃ近くて大興奮でした✨
3分〜5分間に1度、ガンガン着陸するので、嬉しくてとても幸せな気持ちになりました‼︎
また今度、ドライブがてら行こうと思います♬

先日の日曜日にバーベキューをしました🥓天気も良くて最高のバーベキュー日和でした☀️
お肉をじっくりゆっくり焼いて柔らかく仕上げて最高でした🤤締めは安定のスモアで甘くて美味しかったです🍫今年は何回出来るか楽しみです!樹森