« | メイン | セレック »

2018年9月21日 (金)

「位相差顕微鏡」

【位相差顕微鏡とは?】

位相差顕微鏡とは、鮮明画像で生きたままの口腔内の細菌を、患者さん自身が観察できるものです。
生きたままの口腔内細菌観察をはじめ、明視野観察・赤血球観察に適した暗視野観察が行えるので、患者さんは鮮明な画像を見ながらしっかりとした説明を受けることが出来、ご自身の口腔内の細菌の事実を様々な角度から知ることが出来ます。
口腔内には数百種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです。
歯周病の原因となる細菌は口腔常在菌といって健康な状態であっても存在する細菌なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできませんが、数を減らすことにより歯周病の活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

【歯周病菌の検査方法】
①歯周ポケットからプラーク(歯垢)を採取します。
②プラーク(歯垢)をプレパラート(透明のガラス板)の上に置きます。
③位相差顕微鏡に設置します。
④位相差顕微鏡に接続したモニターで細菌を観察します。

【なぜ感染したのか?】

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、歯周病菌は存在しません。もともといない歯周病菌が、なぜ口の中にいるのでしょうか? それは、他の人からうつされたからなのです。
子どもの場合は、両親・家族からの感染がほとんどです。
ただし、子どもの場合、歯周病菌があっても大人になるまでに発症・進行することは稀です。大人の場合は発症・進行する可能性がありますので、早めに検査を受けることをおすすめします。

【歯周病とは?】

【歯周病菌】

【予防について】

カンジダ菌(カビ菌)は口腔内常在菌のため、必ず口の中に住み着いている菌です。徹底的に除去したとしても、空気中や食べ物、手の指などから再び口の中に戻ってきます。残念ながら全滅させることはできません。

予防のためには、毎日の歯磨きと、歯科医院での定期的なPMTC(プロフェッショナルクリーニング)が大切です。カンジダ菌が多くなりすぎると、歯ぐきが腫れるなど悪い症状が出てきます。また、カンジダ菌は大きな菌であるため歯周病菌の快適な住み家にもなり、歯周病菌に再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか顕微鏡で確認し、PMTCを受けましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/537907/34144792

「位相差顕微鏡」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿