« セレック | メイン | クリスマス会 »

2018年11月30日 (金)

虫歯の進行具合とご予約について

虫歯になってしまったら、どう治療するのでしょう。
治療法は虫歯の程度によって異なります。治療を始めるなら、歯へのダメージが少ない早期がベスト。
虫歯かな?と思ったら、さっそく治療に行きましょう。


◆C1って何?
 虫歯は専門用語で「カリエス」といいます。Cはカリエスの頭文字。虫歯の進行状況によって、C0~C4の5段階に分け、進行状況を判断する目安としています。
 C0は、歯に穴があく前の初期虫歯で、フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させることで、治る場合があります。C1~C4は医師による治療が必要になります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

▼C1
歯の表面のエナメル質だけに穴があいた状態。痛みなどはありませんが、放置すればどんど
ん進行します。削って詰める治療が必要。本来はC1になる前のC0の段階で歯磨きを徹底するなどして治しておきたいものです。
▼C2
エナメル質を突き破って、象牙質に達した虫歯です。血管や神経の通っている歯髄には達していないので、強い痛みはありません。しかし、象牙質には知覚があるので、冷たいものや酸っぱいもの、甘いものが染み始めます。
▼C3
虫歯が歯髄に達し、歯髄炎を起こした状態。ひどく痛みます。根と歯肉との境目にあるクッション状の組織の歯根膜に、炎症が起きて歯根膜炎になる場合も。いずれも耐えられないほどの激痛を伴うことが多くなります。
▼C4
エナメル質は跡形もなく崩壊。歯髄は壊死して、痛みなどの自覚症状は軽減します。しかし、歯髄に達していた虫歯菌が血管を通って他の組織に達し、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。


◆ダメージが大きいほど治療も大がかりに治療は、虫歯になった部分を削り取り消毒して、プラスチックや金属の詰め物、もしくは被(かぶ)せ物をするのが基本です。削る部分が大きくなるほど、歯の強度を弱めてしまうため、早いうちに治療を始めることが何より大事です。
 C1なら削る部分は最小限で済むので治療は比較的簡単です。虫歯の部分を削って詰め物をします。
 C2では、麻酔が必要になり大がかりになります。さらに、歯髄に達するC3まで進んでしまうと、神経の処置が必要になるため、歯を大きく深く削らなくてはいけなくなります。痛みを鎮めるために神経をすべてとってしまうケースもあります。神経をとった歯は知覚がなくなり、栄養が行き渡らなくなります。強度も弱まり、将来、歯質がもろくなるリスクも抱えることになります。
 最近は、歯髄に到達した虫歯でも、神経を残す治療「3Mix-MP法」を行う歯科がありますが、まだ、どこの歯科でもできるというほど-般的にはなっていません。
 歯髄が壊死(えし)したC4にまで進行してしまったときは、多くの場合、抜歯することになります。歯の表面の色が濁り、わずかな穴でも虫歯を疑って、歯医者さんへ急ぎましょう!

痛みが治まったからといってそのままにせず、必ず早めに病院に行って、診察を受けましょう。虫歯は自然に治ることは絶対にありません。
 もし痛みがなくなったら、神経が死んでしまった証拠。むしろ悪化したといえます。

虫歯かな?と思ったらまずはご予約を‼︎
小さい虫歯であれば、治療回数も少なくて済みます。
大きくなればなるほど、回数もかなりかかります。
また、治療を中断してしまうと、大切な歯を抜かなくてはいけないくらい、大きな治療になってしまう事もあります。
ココ歯科クリニックでは、大人の患者様の大体の方は2回目にセカンドコンサルを行なっていますので、現在の検査結果、全体のおおよその治療計画、治療期間などをご説明しております。当院の治療はご予約の方が優先になりますので、是非ご連絡下さい。

笠井

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/537907/34161009

虫歯の進行具合とご予約についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿