« オフィスホワイトニング🦷✨ | メイン | セレック治療の適応症例 »

2019年4月30日 (火)

今回は6歳臼歯の重要性についてです。

乳歯は上下合わせて20本生えます。
6歳頃に乳歯のさらに後ろに生えてくる新しい歯、「6歳臼歯(第1大臼歯)」という歯が生えます。

6歳臼歯とは永久歯の中で最も早く生えてくる歯です。男女、または上下で生えてくる時期は少し異なり、男の子だと上の歯が6歳8ヶ月、下の歯が6歳5ヶ月頃で、女の子は上の歯が6歳7ヶ月、下の歯が6歳2ヶ月頃と言われています。
一般的に6歳頃に生えてくるのでこのように呼ばれています。

6才臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。
人間の歯の中で一番大きく、臼(うす)のように食べ物を潰す役割があります。かみ砕く力が強い歯なので、これが生えてくるとますます多くの食べ物を食べやすくなります。また、6歳臼歯が正しい位置に生えることは、これから生えてくる他の永久歯の位置に影響します。咬み合わせの高さの基準にもなる大切な歯です。

生えたばかりの6歳臼歯は、乳歯のさらに奥に生えてくるので萌出に気づくのが遅れることが多く、通常のブラッシングでは歯ブラシが歯面に当たらずに十分なクリーニングができません。
さらに、完全に生えてくるまでに時間がかかるため、咬合することによる自浄作用が長期期間、期待できません。

また、生え始めの時期はエナメル質も軟らかく、酸にとても弱い状態であること、形態的にも噛み合わせの溝が他の歯よりも深いので、他の歯よりもむし歯になりやすいのです。

そこで、おすすめするのがシーラントです。
歯を削らずに、お子さん、お孫さんのむし歯を予防する方法があります。
奥歯の噛み合わせの面の溝や歯の側面や裏側の溝にプラスチックの樹脂で埋める処置のことです。歯垢が溜まりにくくなる為、虫歯予防の効果があります。
シーラントの中には、フッ素化合物が含まれているものがあります。フッ素といえば、虫歯予防のために歯の表面に塗布するものというイメージがありますが、フッ素化合物が含まれているシーラントなら、シーラントの虫歯菌を寄せつけない働きと、フッ素の歯を強くする働きの両方が得られます。
フッ素化合物が含まれたシーラントは、施術したあとに徐々にフッ素化合物が放出されます。そのため、歯の強化・虫歯予防の作用を長い時間、得ることができます。
虫歯予防調査の結果では、約66%もの歯が虫歯にならなかったという結果があります。
保険適用の処置です。
ココ歯科では第一大臼歯は9歳まで、第二大臼歯は14歳までを対象に行っています。
ご希望の方はお声掛けください。

4ヶ月から半年に一度、定期的なフッ素塗布とクリーニングをして、お口の健康を維持しましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/537907/34177527

を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿