« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

カウンセリングについて

皆さまの今までの歯科医院のイメージはどんなものでしょうか⁈

・痛い思いをする
・治療終了まで時間がかかる
・待ち時間が長い
・ちゃんと通わないと先生に怒られてしまう
・子供がちゃんとできるか不安
・治療に対して過去にトラウマがある
・説明が足りず、よく分からない
・抜きたくなかったのに、歯を抜かれてしまった
・歯科の音や匂いが苦手
・スタッフの対応が冷たかった…等

ほんの一部ですが、患者さまからのお声です。

当医院では、カウンセリング専門のスタッフ(トリートメントコーディネーター)があなたの日常でお困りのことや、「どんな治療をするの?」「どこが悪いの?」といったあなたの不安に思っていること、お悩み等、どうすれば解決できるかを一緒に考えます。

初診でいらっしゃった患者様の不安やお悩みなどをお伺いしてから、治療に必要なレントゲン写真の撮影、お口の中の検査を行います。まずはじめにしっかりと、皆さまお一人お一人のお声を聞くことが大切だと考えております。

ココ歯科クリニックでは、3種類のカウンセリングを行っております。

①初診カウンセリング
②セカンドカウンセリング
③PTP(プラチナトリートメントプラン)

①初診カウンセリング(全ての方)
初めてご来院頂いた方に、お口の悩み、診療についての不安、ご意見、歯科に対してのご不満等、今思っていらっしゃることを全てお話して頂きます。
ここで出来る限り、皆様のご意見を伺います。
治療にも、長引いてしまう理由や、痛みが出てしまう理由、歯を抜かなければならない理由がございます。
そういった理由なども、お話しさせて頂きます。

②セカンドカウンセリング(全ての方)
基本的には2回目にご来院の方に行っております。
初診時の検査結果をお話し、治療計画、大まかな治療期間、メンテナンスの重要性をお伝えしております。
今までは、痛くなければ治療を中断してしまう方もいらっしゃいますが、放置すると悪化してしまう現状をお伝えする事もあります。
まずは、今まで知らなかったご自身の現状をお伝えし、これ以上悪くならないように、どのようにしていくかを一緒に考えます。

③PTP(ご希望の方)
治療をする上で、選択肢を迫られる事があります。
保険治療と、自費治療についてです。
自費治療について、どのような種類があり、保険治療と何が違うのかなど、細かい説明を受けた事の無い患者様…実は沢山いらっしゃいます。ただお値段が高いだけではなく、今後のご自身の人生を考えて、今の歯に何が合うのか、白く綺麗に見せたいのか、入れ歯を使わず噛めるようにどうすれば良いか、全部の歯をキレイに治したら幾らかかるのか、など、お口の中の10年、20年先を見据えて計画を立てるカウンセリングです。自費の治療と聞くと、すごく高いと思われる方も多いと思いますが、ご自身が無理をしないで1本から、できる範囲で行う選択肢もあります。
また、キレイに治療を終えた後も、出来る限り維持ができるよう、アドバイスも行っております。

カウンセリングを受けたからといって、自費治療にしなければならないという事はありません。
何よりも、皆さまに情報を提供する事が大切なのです。

カウンセリングは全て無料です。
ぜひ1人でも多くの方に受けて頂きたいと思っております。皆様のご来院、お待ちしております(^_^)

2019年5月29日 (水)

セレック治療の適応症例

【セレック治療までの流れ】
・レントゲン写真や、お口の中をみて、虫歯の大きさや歯の根の先に病巣がないか確認します。

・虫歯が深く神経の部屋近くまで進行している場合は、虫歯の部分を完全に取り除き一旦お薬を詰める治療を行います。この状態で数日過ごしていただき、痛みやしみる症状が出ていないかを確認します。問題なければ、セレック治療へ。痛みやしみる症状が出てしまった場合は、神経を取り除き、根の治療を開始します。

・根の治療をされていてる場合、病巣があれば根管治療を行います。

・根の治療した歯にたいしては、土台をたてる必要があります。セレック治療をご希望の患者様には、ファイバーでできた金属を使わない白い土台をおすすめしています。ファイバーは、天然歯と同じようにしなやかなので、歯の根が割れにくく、透明感を遮断しません。

・ファイバーの土台をたて、被せ物が入るように仮形成し、仮歯を作製します。セレック治療当日まで、仮歯で過ごしていただきます。仮歯は、ファイバーの土台を保護し、噛み合わせの安定化を図ります。 また、歯茎の状態を自然な状態に保つことや、隣接している歯の移動を防ぐなどの目的もあります。

セレック治療は、1時間から1時間30分お時間がかかります。

【セレック治療で対応可能な補綴物】
《詰め物(インレー、アンレー)
・奥歯の浅い虫歯(神経まで到達していない虫歯)
・歯と歯の間に虫歯があり、広範囲である
・銀歯の詰め物を白くしたい場合

《被せ物(クラウン)
・奥歯で大きく広範囲に虫歯を削った
・深い虫歯(神経まで到達している虫歯)
・根管治療をした歯
・銀歯の被せ物を白くしたい場合

《被せ物(プレミアムセレック)通常のセレッククラウンよりも強度が2倍
・歯ぎしりをする方
・お仕事やスポーツなどで食い縛ることが多い方
・噛み合わせの関係で、被せ物を入れるために十分な厚みを確保出来ないない場合

*当クリニックでは、前歯のセレック治療は、行っておりません。