« | メイン | カウンセリングについて »

2019年5月29日 (水)

セレック治療の適応症例

【セレック治療までの流れ】
・レントゲン写真や、お口の中をみて、虫歯の大きさや歯の根の先に病巣がないか確認します。

・虫歯が深く神経の部屋近くまで進行している場合は、虫歯の部分を完全に取り除き一旦お薬を詰める治療を行います。この状態で数日過ごしていただき、痛みやしみる症状が出ていないかを確認します。問題なければ、セレック治療へ。痛みやしみる症状が出てしまった場合は、神経を取り除き、根の治療を開始します。

・根の治療をされていてる場合、病巣があれば根管治療を行います。

・根の治療した歯にたいしては、土台をたてる必要があります。セレック治療をご希望の患者様には、ファイバーでできた金属を使わない白い土台をおすすめしています。ファイバーは、天然歯と同じようにしなやかなので、歯の根が割れにくく、透明感を遮断しません。

・ファイバーの土台をたて、被せ物が入るように仮形成し、仮歯を作製します。セレック治療当日まで、仮歯で過ごしていただきます。仮歯は、ファイバーの土台を保護し、噛み合わせの安定化を図ります。 また、歯茎の状態を自然な状態に保つことや、隣接している歯の移動を防ぐなどの目的もあります。

セレック治療は、1時間から1時間30分お時間がかかります。

【セレック治療で対応可能な補綴物】
《詰め物(インレー、アンレー)
・奥歯の浅い虫歯(神経まで到達していない虫歯)
・歯と歯の間に虫歯があり、広範囲である
・銀歯の詰め物を白くしたい場合

《被せ物(クラウン)
・奥歯で大きく広範囲に虫歯を削った
・深い虫歯(神経まで到達している虫歯)
・根管治療をした歯
・銀歯の被せ物を白くしたい場合

《被せ物(プレミアムセレック)通常のセレッククラウンよりも強度が2倍
・歯ぎしりをする方
・お仕事やスポーツなどで食い縛ることが多い方
・噛み合わせの関係で、被せ物を入れるために十分な厚みを確保出来ないない場合

*当クリニックでは、前歯のセレック治療は、行っておりません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/537907/34180366

セレック治療の適応症例を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿